トピックス

  1. トップページ
  2. トピックス
  3. Hikari メダカと水辺の生き物博士コンテスト2014 結果発表!!

キャンペーン・イベント情報
Hikari メダカと水辺の生き物博士コンテスト2014 結果発表!!

メダカ博士コンテスト受賞おめでとうございます!!

研究発表!

※当選の発表は11月10日(月)発売の『科学雑誌 子供の科学12月号』にも掲載されます。

  • キョーリン大賞
    「がんばれメダカⅡ」
    林 綾乃さん/千葉県/
    八千代市立八千代台東小学校
    「がんばれメダカⅡ」

    審査員からのコメント

    卵がお腹から、正確には総排泄口から産みだされる瞬間が見たくて、段ボールをかぶせて夜を長くするなどの工夫をし、何度も何度もチャレンジして、ついに産み出される瞬間を見ることができた時の感動が伝わる作品です。卵が産み出される瞬間を見せてくれたメダカへの感謝の気持ちから、そのメダカに”ぶどうちゃん”と名づけられずにいられなかった林あやのちゃんの姿が目に浮かびます。メダカの好きな色や音が聞こえるのかを調べたり、ひれの動きと役割を観察したりするなど、メダカへの興味を愛情あふれる観察で記録した優れた作品です。

  • 子供の科学賞
    「おかざきの小川でとったメダカと水辺の生き物」
    後藤 謙護さん/東京都/
    世田谷区立赤堤小学校
    「おかざきの小川でとったメダカと水辺の生き物」

    審査員からのコメント

    写真ではなくすべてスケッチしていることが素晴らしいです。絵に描くためにはよく見なければなりません。都会育ちであまり見たことのない生き物ですと、最初はぱっと見ばかりが気になると思いますが、絵を描くなかで、どのように動くかなど、さまざまな気づきを得ていることがよくわかります。

コンテスト受賞者の賞品はこちら!

メダカ博士コンテスト受賞者の賞品はこちら!

審査員のみなさん
井尻 憲一(東京大学名誉教授、宇宙メダカ研究会名誉会長)
岡本 信明(東京海洋大学長)
和田 清身(宇宙メダカ研究会顧問)
栁 千絵((株)誠文堂新光社 「子供の科学」編集長)
神畑 重三((株)キョーリンCEO)
メダカと水辺の生き物博士コンテストのテーマとは?

私たちの身近に存在する小さなメダカや水辺の生き物たち。
どんな生活をしているの?何を食べているの?テーマは自由。誰も気づかない生き物たちのあれこれを探してみよう!ユーモアあふれる個性的な作品を期待しています。

応募のテーマの対象は

  • メダカ
  • 川魚
  • カメ
  • オタマジャクシ
  • ザリガニ
  • 水棲昆虫
  • キンギョ
  • プランクトン

など水辺で生活する様々な生き物たちだよ。

※鳥類、ほ乳類は対象外です。

「Hikari メダカと水辺の生き物博士コンテスト2014 夏休み自由研究にチャレンジ!」来年もみんな応募してね!!