トップページ > 商品情報 > 金魚用飼料(餌・エサ) > 金魚の飼い方 金魚の飼育方法

金魚の飼い方、飼育方法/飼料(餌・エサ)の与え方、選び方/よくあるQ&A

はじめて金魚を飼うのに必要なこと、道具の使いかた、飼料(餌・エサ)の種類など。困ったときに役立つ情報をまとめました。

金魚の飼い方、飼育方法/飼料(餌・エサ)の与え方、選び方/よくあるQ&A

金魚の飼い方、金魚の飼育方法(きんぎょの飼い方、きんぎょの飼育方法、キンギョの飼い方、キンギョの飼育方法)

金魚(きんぎょ・キンギョ)のことをよく知ろう
1.金魚の種類
  • ワキン

    室町時代に中国から日本へ初めてやってきた品種です。とても丈夫で飼いやすいので初めて飼育する金魚におすすめです。フナ尾の他に三つ尾や四つ尾のタイプもいます。

  • ピンポンパール

    真珠のようなキレイなウロコと丸くコロコロした体型で人気者の金魚です。金魚の中では飼育は難しい方に入るので大切に育てましょう。

  • リュウキン

    中国から琉球を経て入ってきたので、琉金と呼ばれています。体型はズングリで、横から見るとほぼ球形。ヒレは長く優雅に泳ぎます。

  • デメキン

    目が大きく横に飛び出ているのが特徴です。産まれて数ヶ月してから徐々に目が出てきます。大きな目が傷つかないような水槽レイアウトにしましょう。

  • ランチュウ

    背びれがなく、頭にごつごつしたコブがあるのが特徴です。上から見たときの姿が美しく、金魚の王様といわれています。泳ぎが上手ではないので、水流は弱くしましょう。

  • ブリストル シュブンキン

    赤、青、白、黒のまだら模様が特徴のイギリスのブリストル地方で作られた金魚です。尾びれがハートの形になるかわいくて美しい金魚です。

2.体(からだ)の名前と尾びれの種類
  • からだ
    • 側線
    • 背びれ
    • 尾びれ
    • エラ
    • 胸びれ
    • 腹びれ
    • 肛門
    • 尻びれ
  • 尾ひれ
    • 卵を抱くためおなかの足がオスより長いよ
    • メスはここにたまごを生む穴があるよ
3.オス・メスの見分け方
オス・メスの見分け方

追い星と呼ばれる白い点がエラやヒレにあるものがオスです。 2・3才以上のオスは繁殖時期(春)になると、出てきます。

ページのトップへ戻る

4.金魚の体色

金魚は、食べ物に入っている“色素”を取り込む事で、きれいな赤色になります。この色素はエビやカニなどに含まれている『カロチノイド』というものです。赤い金魚を美しく育てるには、以下のようなカロチノイドが含まれるエサを与えてみましょう。

金魚は魚と同じエラ呼吸
カロチノイドが含まれてる製品
ひかりフレーク ひかりマリーゴールドI 教材キンギョのエサ
ベビーゴールド ひかりマリーゴールドII オランダゴールド
まるまる金魚 ひかりマリーゴールドIII 咲ひかり金魚色揚用
ランチュウベビーゴールド ミニペット 色あげ  

ページのトップへ戻る

5.金魚の食べる量

金魚が食べる量は、水温や水質によって変わってきます。水温が高い夏はたくさん食べて、水温が低い冬になるとほとんど食べなくなります。金魚が一日に食べる量は、よく食べる環境で体重の2%。水槽では体重の1.5%以下が適切です。給餌後数分で食べきる量にしましょう。与える回数は、春から秋(水温20℃〜30℃)では1日に2〜4回ほど、冬場は1〜2日に1回程度で十分です。

1回に与える量は、2、3分で食べ終わる量が目安ですが、水温や金魚の体調によって変わりますので、食べ終わるまで観察してください。残ったエサは必ず取り出してください。残ったエサが腐って水を汚す原因となります。与える回数は、春から秋(水温20℃〜30℃)では1日に2〜4回ほど、冬場は1〜2日に1回程度で十分です。

和金1日に与える限界の量(体重の約1.5%)
エサの種類(粒サイズ) 金魚の大きさ
2〜3cm 4〜5cm 6〜7cm
ぴコフロート(1.1〜1.4mm) 25粒 40粒 75粒
アイドル(1.7 〜2.0mm) 7粒 12粒 23粒
注目point!エサで飼育が良くなります!
8つの機能 ゴールドプロス商品詳細へ

ページのトップへ戻る

この商品についての関連情報

キョーリン×LINE スタンプ新登場!くわしくはこちら!
ゴールドプロス商品詳細へ

ページのトップにもどる