トップページ > Topics INDEX > 金魚に歯があるって本当?

水槽の底に白いプラスティックの様な物体が時々落ちているのですが?
金魚に歯があるって本当?

金魚の口を覗いても、私たちのような歯は見えません。金魚や鯉は、喉に『咽頭歯(いんとうし)』と呼ばれる歯を持っています。これは臼のような形をしていて、固い物をすり潰す事ができます。
金魚や鯉はこの『咽頭歯』を使って、エサを砕いて飲み込みます。

弊社へお客様から、水槽に白いプラスティックが沈んでいる。とのお問い合わせを頂いた事がありました。送っていただいた実物を調べてみると、咽頭歯の一部が抜けたものでした。確かに硬さといい色といい、プラスティックに似ていますね。《画像1》
咽頭歯は定期的に抜け替わるので、水槽で見つかる機会も多いようです。

《画像1》

《全体像はこちら》

ページのトップへ戻る

皆さんも水槽を掃除する際、見つかるかもしれませんね。

ページのトップにもどる